エバーヤング セルフメディカル(在宅自己治療)というコンセプトに基づいた総合療法を商品・治療方法からサポート
お問い合わせ 会社案内 表紙へ戻る
健康食品
健康器具
JPC育成会
モアイ化粧品事業部
NHK講座
健康コンシェルジュ講座
商品のご購入


エバーヤング編集記


お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ


イチョウ葉エキス



イチョウ葉エキス

イチョウ葉はその歴史も古く、白亜紀や、
それより古い三畳紀などの化石も残っており、
現存する植物の中では最も長生きしている、
とても生命力に溢れた植物です。
恐竜が滅びた氷河期をも乗り越えた、
その生命力にあやからない手はありません。

イチョウ葉はドイツやフランスでは、
医療用医薬品として活用されていますが、
ヨーロッパにはイチョウの葉がなく、
中国、韓国、日本などから輸入しており、
特に日本産は葉の厚みがあり、最良品とされています。

但し、日本産ならなんでも最良という訳ではありません。
エバーヤングの『イチョウ葉エキス』はそこにこだわり、
原料にしている国産のイチョウ葉のうち90%以上については、
佐渡ヶ島で栽培された最優良の葉を使用しています。



イチョウ葉エキス JHFAの認定を受けています

ヨーロッパの品質に少しでも近づける為、
『イチョウ葉エキス』は医薬品と同様の基準を設ける、
(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)の認定を受けています。
イチョウ葉エキス
イチョウ葉エキス

毎日のご家族全員の健康維持に、健康補助食品として、
是非『イチョウ葉エキス』をお試しください。


栽培樹と街路樹比較
イチョウ葉エキス
栽培樹1枚は街路樹50枚に相当
国内イチョウ葉畑 佐渡ヶ島
イチョウ葉エキス
毎年9月〜10月に採取


同じイチョウ葉なのにどうして値段が違うの?

イチョウ葉エキス 安価品
原産地 日本産100%(主に佐渡島で栽培されたものを使用)
無農薬管理された栽培樹使用!
選び抜いた優良葉のみを使用!
中国産もしくは中国産と日本産のブレンド品を使用
中国の乾燥地帯の街路樹のイチョウ葉を使用
不要物の除去 かぶれの原因になる ”ギンコール酸を除去!”
ギンコール酸濃度 1ppm以下
不要物質を除去したというデータはなし
吸収性 溶出性 吸収力が高い!(10分で100%溶解) 吸収力は良くない
(ある実験で、60分経っても半分も溶けなかった)
JHFA認定マーク 含有成分・製造過程・広告表示などに厳しい
審査をもうける日本健康・栄養食品協会から
液状では初の認定を受けています!
審査や基準については不明
公的機関のデータ等 日本食品油脂検査協会の証明書有り
京都府立医大等で研究・学術発表されている!
証明書類なし
学術データなし


名称 イチョウ葉エキス食品
原材料名 イチョウ葉エキス、
エタノール、メントール
内容量 60ml
販売価格 ¥18,000-(税抜)

お召し上がり方


1日約2mlを1〜2回に分けてお召し上がり下さい。
一瓶約30日分が目安です。
添付のスポイトの白線まで吸い上げると1mlで、
これをコップ半量の水やお湯、コーヒー等に
必ずうすめてお召し上がりください。

はじめてご使用の際は、キャップを外し、
付属のスポイト付キャップに取り替えてください。

まれに体質に合わない方もございますので、
体調のすぐれない場合には摂取を中止し、
医師または問い合わせ先にご相談ください。
フラボノイド 24%
テルペンラクトン 6%

(イチョウ葉エキス原材料中)

栄養成分
(100mlあたり)
エネルギー:202kcal
たんぱく質:0.2g
脂質:0.2g
炭水化物:31.4g
ナトリウム:5mg
規格成分含有量
(1ml中)
イチョウ葉エキス 70mg
保存方法 直射日光を避けて、冷暗所で保存して下さい。
小児の手の届かない場所に保管して下さい。
イチョウ葉エキスの沈澱が生じる場合が
ありますが、品質には問題ありません。
摂取上の注意 医薬品を服用されている方は医師あるいは
薬剤師と事前にご相談下さい。
1日当たりの摂取量をお守り下さい。
使用上の注意 スポイトはガラス製品のため、
取扱いには充分ご注意ください。


イチョウ葉エキス 販売ページはこちら

エバーヤング セルフメディカル(在宅自己治療)というコンセプトに基づいた総合療法を商品・治療方法からサポート