エバーヤング セルフメディカル(在宅自己治療)というコンセプトに基づいた総合療法を商品・治療方法からサポート
お問い合わせ 会社案内 表紙へ戻る
健康食品
健康器具
JPC育成会
モアイ化粧品事業部
NHK講座
健康コンシェルジュ講座
商品のご購入


エバーヤング編集記


お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ


お問い合わせ

企業経営に奇策なし。それがエバーヤングのモットーです。

ひとつの事を継続するには、夢と情熱、努力と忍耐、そして不屈の強い意志力が必要といわれますが、幸運にも人に恵まれ、創業以来、「人事を尽くして天命を待つ」の心で、健康産業一筋に歩んでまいりました。

また「健康産業は教育産業である」という信念に基づいて、「JPC育成会」を主催し、ハードよりソフト、物より心、自分より他人を基本において、単なる物売りに落としめてはならないと戒めながら日々の活動をしております。

自然との共生、あらゆる生命との共存共栄。これがエバーヤングの精神です。
セルフメディカル(在宅自己治療)というコンセプトに基づいた総合療法の一環として、開発・供給してまいりましたクオリティの高い機能性食品・家庭用医療用具の数々も、自然の法則、人体の生理に則って、開発された商品ばかりです。

会員の皆様、そしてこれから新たにエバーヤングの商品を手に取られる皆様からいただく評価をバネに、エバーヤングは今後も常に消費者の皆様の立場に立った商品開発・供給を精力的に、より幅広く行ってまいります。
人生永遠のテーマであり、幸せの原点である「健康」を皆様にお届けしつづけることを社会的使命としてエバーヤングは更なる前進をしてまいります。
田村 勝昭
田村 勝昭
(株)エバーヤング 代表取締役
JPC育成会会長
NHK文化センター講師



エバーヤング セルフメディカル(在宅自己治療)というコンセプトに基づいた総合療法を商品・治療方法からサポート



概要
商号 株式会社エバーヤング
本社所在地 大阪市北区浪花町14番33号(OMビル)
TEL 06-6376-4537
FAX 06-6376-0283
URL http://www.everyoung-jpc.com/
E-mail info@everyoung-jpc.com
創業年月日 昭和56年10月
設立年月日 昭和58年1月13日
資本金 1,000万円
代表取締役 田村 勝昭
事業内容 機能性食品の製造および卸・OEM販売
医療機器、家庭用医療用具の販売
医薬部外品、化粧品の製造・販売
取引銀行 三井住友銀行 梅田支店
近畿大阪銀行 天神橋筋支店
三菱東京UFJ銀行 天六支店
主要取引先 伊藤超短波株式会社
日本ランチェスタ−工業株式会社
株式会社フジカ
株式会社ガイア波動研究所
関西美工株式会社
プリマール株式会社
九州支店 福岡市博多区博多駅中央街5-11
(泰平ビル507号)
関連団体 JPC育成会
会長:田村勝昭 相談役:池尻其行(医学博士)
支部 全国約40支部
沿革
昭和58年08月 大阪市中央区にて事務所開設
昭和60年03月 機能性食品「酵寿林」酵素販売開始
昭和60年08月 大阪市北区(現本社所在地)に本社移転
総合療法普及の全国展開始動
昭和63年10月 「酵寿林」酵素が(財)日本健康食品協会の規格基準に適合し、認定マーク表示許可を受ける
平成元年03月 博多にて福岡支店開設
平成元年04月 「JPCはだしの医者育成会」発会式記念講演を各地にて開催
平成02年04月 NHK福岡文化センターにてカルチャー教室を開始
平成03年10月 西日本文化サークル北九州にてカルチャー教室を開始
平成04年04月 札幌、広島NHK文化センターにてカルチャー教室を開始
平成05年 大阪、京都、東京NHK文化センターにてカルチャー教室を開始
平成08年 「JPCはだしの医者育成会」を「JPC育成会」に変更
大分、山口、宮崎 各NHK文化センターにてカルチャー教室を開始
平成11年03月 モアイ液「製法特許登録済 特許第2931797号」をベースにした自然化粧品を製造販売
平成17年3月 ホームページ開設






エバーヤング セルフメディカル(在宅自己治療)というコンセプトに基づいた総合療法を商品・治療方法からサポート